忍者ブログ
水 は、このブログと自分のツイッター、インスタでのみ活動しています



















JKを称えよ!!!!






あー・・・美しい・・・美しすぎる
このような美少女像を、目の当たりにする事が出来るなんて、感謝せざるをえない。

私の大好きな黒髪ロングの美少女が、制服をはだけさせて元気に笑顔で健康的。

最高。

ドールは何も言わず、ただ、能力を発揮するのみ。それがいい・・・何も要求してこない。

癒し。それだけである。

創作活動の素晴らしさを、今、実感している。
ドルカツも、創作活動です。

自分の萌えを可視化する。

使う道具が違うだけで、私のやってることはイラストを描いて発表するのとそう変わらない。















ジョジョ読んだことある人はどれだけいるだろう。

ジョジョにはマネジメントの「基本と原則」がたくさん描かれている。

プッチ神父が、「自分の正義を人に強要する」という純然たるドス黒い悪として描かれている。

けど、そんなプッチ神父のように人を殺すとはいかなくても、あなたや私の身の回りには
「自分の正義を人に強要する人」が、たくさん居ます。

自分が正しいと信じて疑わず、それを人に強要・強制(矯正)しようとしてくるひとが、たくさん居ます。

真摯さが欠如している。

さような人たちは、人の良さを生かさない。人の良さを殺す。つまり人を殺す。
人が人に指摘できる唯一の弱みは、真摯さの欠如だけです。


今日も疲れました。


だけど、少し前進したような気がする。


私は間違っているかもしれない。
だが、成果はあがっている。






もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************
PR

















黒髪の女子高生と遊ぼう









ッかぁ~!!!!かわいい! 可愛い!

アンズほんと可愛い。最高、究極。


サドルの新作制服です。

サドルの制服、品質は最高級なんだけどデザインが毎回微妙になっていく・・・
ちなみに今回の制服で三回目。

最初期の制服が一番お気に入りです。
コレを再販せーや。





こういう、“現実に存在しうる”デザインってのが私にとって最も重要なのです。










もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************















ドールをお迎えしたらこういう写真が撮れるようになる






ふおー・・・最高っすなあー

最高の眺めだよ。

「一番好きな服装」にしたら、制服になる。






ドールオーナーとは、ドールをお迎えする者の事である

それは一体で済むとは限らない。

むしろ、ドールのお迎えが一体で済んでいる人は少ない。

ドール趣味してると、時には加速時に、時にはじわじわと、ドールが増えていく。




なんせ、次にお迎えする子が「最愛の子」になるかもしれないのだから。

人はいつもイノベーション(新しい満足)を求めてる。







もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************























最愛の妹










アンズです。可愛い・・・私の究極の理想少女。

黒髪ロングが最高なのは、最強の髪型ツーテイルにすることもできるからですなぁ


そして理想の黒髪スタイルとは、まさにこの秋山澪ウィッグのスタイルである。

ドルチェなどで売ってる「姫カット」ではダメなんです・・・

横髪の長さの感じがベストなのは、秋山澪ウィッグだけ。

これにかなり近いのがラビットショップにあったけど、あれもちょっと違う。





好きな要素を全盛りすると、アンズになる。
黒髪の女子高生。ブレザー、ニーソである。







もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************

















女子高生のスキマを狙え








アンズくっそかわいいなぁぁ

黒髪ロングの美少女。私の大好物です。

もうね、なんで好きかわからない。


 ツーテイルにすることができる。
 清楚感がある・・・



理由を説明したとしても、最終的に根拠が説明できない。

どうして黒髪だと、興奮するのか。

それはもう、わからない。



とにかく、好きなんだ。









もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************












ふともも・パラダイス








あああああ~・・・・JKのふとももの海に溺れて溺死したい・・・
いや・・・・いやだ!まだ死にたくない!いやだよおおおおお!!!!
もっとこのふとももの海で遊ぶんだ・・・遊ぶんだよぉおお~っ!!!!


夢ちゃん小顔すぎて、アンズの顔がデカく見えてワロタwww





美少女二人を用意して、ふともも並べてぷるんぷるんするの最高に楽しいね。

ドールだからこそ出来る夢のような景色ですよ。







可愛い女の子をいつでもそばに常駐させることができるのがドールのいいところ。

笑顔の女の子は癒しだ・・・

仕事で疲れて帰って来ても、笑顔で可愛い女の子のお顔を見れば、強制的に癒されるからすごい。


ドールの「カワイイ」は受け手が居て初めて成立する。

ここには私を喜ばせるためだけに揃えられた極上の女の子達が並んでいる。








もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************

























おぱんつ最高っすなあ











アンズが可愛い・・・我が究極の理想少女。

女子高生のおぱんつを好きなだけ摂取できるのは、ドールだけ。

自宅でさようにしておぱんつを摂取できるの、ほんといい時代になった。
ドルフィードリームは男の劣情を煽るボディラインをしている。



DD3のいいところは、このおしりのラインです。
具体的に言うと、このふとももパーツのおしり造形が素晴らしい。
DDSだと、なんかお尻のラインがはいってて気になるんですよね。黄金の曲線が失われている。






成果を上げる者に共通しているのは、「成果を上げている」ことだけだった。

とはいえ、成果を上げる者は、その「成果をあげる事」そのものが既に習慣になっていた。

我々も望むなら、成果をあげる事を習慣付けることによって 身に着けることは可能である。

だが、重要なのは「望むこと」である。
「成果を上げる意欲」があるかどうかである。

「成果をあげたい」という欲求があるかどうかは・・・自分の人生が終わることを知っている者だけが気が付く。

人は確かにいつか死ぬ。だがほとんどの人は自覚していない。ただ恐怖だけしか感じない。

自分の人生は何か。自分はどのようにして死ぬか。どのような人生にするか。どんな人生であるべきか。

自らの定義を徹底的に検討し、答えを出すことで初めて どのように死を迎えるか、死を受け入れることが出来るようになる。

そうすれば、残りの人生、そううかうかしていられない。
何かを成せるうちに、残せるうちに「成果をあげたくなる」








もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************














うちのこ全員 制服合わせ








見てください。こはるちゃんをお迎えした2014年11月時点で、全うちのこ制服合わせです。
なのでみちるちゃんは居ませんw

アンズと愛チャンに関しては、別バージョンも写しています。




増えましたな。

ドールを始めてから毎年7人づつお迎えしてれば、そりゃあ増えますな。


誰だってみんな「最初はこの子だけのつもりだったんだよ!」って言うんだ。

うちのこ全員大好きです。
アンズは特別扱いです。

彼女らはみんなアンズの側面です。



かおるちゃんをお迎えする以前は、できるだけ全員バランスよく撮影することが美徳だと思っていました。

ドールたくさんお迎えして、しかもほぼ全員まんべんなく撮影している人を見て、憧れたからです。

だが、かおるちゃんをお迎えして以降のMDDのあまりの可愛さに、それからはMDDが中心になりました。


これはかつての子たちに飽きたわけではありません。
今でもそのお顔を見ると、可愛くて「お迎えしてよかった」と思えます。





単に強みを集中した結果なだけなのです。

今、私自身が「好きだなあ」と感じている事に、素直に集中すべきだと思ったからです。

それは、ドールを可愛がること・・・つまりドールに対するスタンスが明らかだったからです。
私にとってのドールは「理想少女の可視化」「私の究極の理想少女はアンズである」
その表現方法すら、かつてはイラスト、今はドール、と変わっていったくらいです。


無理に自分に縛りを設けてドールを撮影しても、それは楽しくないからです。




所有しているドールをまんべんなく、可愛がっても
所有しているドールのうち、何人かを集中して可愛がっても

単に成果をあげる方法に違いがあるだけで、それはどちらがより良いという事ではない事に気がつきました。




そう、これはまさにドラッカーの言う「規模において、最大でなく、最適を目指せ」という言葉通りなのです。


ドラッカーが言ってるのは、こうしたらいいよ、という話ではなく
成果があがる時に共通している普遍的な内容を見つけただけなのです。









もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************
プロフィール
HN:
HP:
性別:
男性
ランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
カウンター
ブログ内検索
Copyright (c) 水のドールブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]