忍者ブログ
水 は、このブログと自分のツイッター、インスタでのみ活動しています



























超美人メイド







彼女の役割は、可愛い事です。

何も出来なくていい。
いや、何もしなくていい。

ただ、そこに居てカワイイを提供して欲しい。
カワイイだけの存在。

つまりドールである。






もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************
PR























どっさりショートケーキ




マリコたんが可愛すぎるんですが!?

童顔で性格天然でぽや~っとしてて、身体は豊満で清楚だけどドスケベなの、

ま~じで最高すぎるんだが。










もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************


































僕の幼馴染






お顔は美少女、身体はドスケベ。
美少女ゲームも腰抜かすほど完璧な美少女。

王道を往く。

この制服、最高すぎません???

おっぱいド強調してて、着衣なのに完全にドスケベなの、ほんと“““実在”””って感じする。

それは、このような存在が実際に実在している感覚という意味ではない。

清楚なのにドスケベという、相反する要素が同時に存在しているこの緊張状態が、
“““実在”””している感じがするのだ。





もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************



































超正統派美少女







やべえ死ぬ程かわいい。
死ぬ程可愛く撮れて大変満足しています。

ギャルゲーの制服みたいな感じがすごくイイね。

うちのマリコたんヤバイ可愛すぎる。
というか、マリコヘッドの造形の良さは異常。めっちゃ好き。

ちょっと童顔ぽさがありつつもセクシーな唇。おっとりしたたれ目。
素晴らしい。






弱みを是正しようとしてはならない。気にしないようにしなければならない。
さもなければ、弱みに囚われて成果の上がらないイライラした世界に拘束されてしまうからだ。

世界はクソだし素晴らしい。
ならばどちらを見るかは、選択することが出来るということである。




もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************




















地味子かと思ったらゲキカワ美少女だった






うちのマリコたんの可愛さはウルトラクラス
どんなに地味子を装っても隠し切れない美少女パワーがすごい。


清楚系の次に来る時代は、地味系になるかもしれない。





もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************




























ファビュラスでマーベラス








なんなのこのクソデカおっぱいは

ドスケベすぎでしょうが。

例えドールでも、こんなデカパイが目の前にあるんだ。見るに決まっているだろう。







もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************








































完全に癒しドール







ドールには癒しの効果がある。

それは、今現在、証明されている内容である。

私と、今見てくれているあなたと。








もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************























おっぱいという概念最強の権力






人類は、未だかつておっぱいに抗えた事が無い。
男も、女もである。

何故なら、人類は、おっぱいだけは今もなお、手に入れることが出来ていないからである。

確かにテクノロジーは進化した。やわらか素材。VR。

だが、人間が持っている“想像の力”は、常に究極の理想を求め続ける。新しい満足を求め続ける。



テクノロジーと、人間の想像は、いたちごっこである。
螺旋のように続いている。

だからこそ、“存在”している。






もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************
プロフィール
HN:
HP:
性別:
男性
ランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
カウンター
ブログ内検索
Copyright (c) 水のドールブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]