忍者ブログ
清水のドールブログです













ドールをお迎えすると、こんなことができるようになります。







JKいいっすなぁ~!!!!!!!!!

ほんと最高でしょ・・・・自宅で美少女JKを楽しめるとか。
しかも自分の好きな制服コーデで。
JK好きのこだわりが現れるところですね。




可愛い女の子は癒し・・・・

嫌な事も、ドールの可愛いお顔を見れば、強制的に癒されるのすごい。



仕事が終わって、家に帰ってくると・・・

美少女達がいっせいにお出迎えしてくる。
両サイドから美少女達がおっぱいでサンドしてくる。

正面からはかおるちゃんが突進してきた!

後ろは宇宙ちゃんがしっかり抱き着いてる!

身動き取れない・・・幸せでしょこんなの。

女の子に囲まれて、気分がいいなあ~






人間は精神の生き物だ・・・
さようにして、美少女に囲まれる妄想をしただけでも随分、安らぐことが出来る。











おまけ



制服好きなら一度は通る難関「重ね着」
このように袖をテープで貼れば、簡単に重ね着させることができます。





MDDハンドパーツ、抜けなさすぎじゃね?

そんな時!

このようにニッパーでハンド軸をカットします。
これでもまだチョキとかは脱着しにくいですよ。

首の軸も、先端をカットすることで多少、ヘッド抜き差ししやすくなります。






もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************
PR











女子高生を自宅で楽しむ







すげえ・・・・夢ちゃん、小顔すぎてアンズの顔がデカく見えるwwwww

これは仕方ないとはいえ・・・アンズが気の毒だな。
夢ちゃんも小顔すぎて首が少し長く見えるのがデメリットか。



にしても、二人とも絶世の美少女すなあ・・・・

なんせ私の好みの女の子を作り上げたから、そりゃそうっすなぁ

黒髪ロングの女の子ほんと好きすぎる。


好きすぎて、黒髪ロングという概念を愛してる。

もう、現実にここに黒髪ロングの女の子が居る必要が無いレベル。


私は、ボークスのドルフィードリームが存在する時代に生まれてきてよかった(笑)
ボークス社には感謝です。ボークスのおかげで、お人形を楽しめているんですから。

もちろん、ボークスが無くなっても、今居るうちのこ達が消えるわけではありません。

しかし、企業の供給がなくなった時。この趣味を続けることが出来るかは・・・わからない。
何故なら、イノベーションの無いところには明日は来ないからだ。









アイドルマスターシンデレラガールズのアニメがすごい好き

というか、このアニメが好きっていうよりかは
このアニメを好きな人たちの分析が好き


鈴木フルーツ先生のデレマスアニメ感想がスゴイ。

この考察だけで、デレマスに興味を惹かれた。

鈴木フルーツ先生のツイートが無ければ、私はデレマス見てなかったし、
鈴木フルーツ先生のツイートがあるからこそ、デレマスがますますおもしろく視聴できてる。









おまけ



私のメガネ





もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************


















黒髪の美少女にゃんこと遊ぼう

ふとももむちむちぷるんぷるん最高すぎる









アンズが可愛すぎるでしょ

私の理想の少女像を凝縮して燻製にしたようなもの。それがアンズ。

まず、私にはアンズが必要だ。その後、他の特徴を持った子に行く事が出来る。



ドールをたくさんお迎えしてわかったことがある・・・

人は常により優れたものを選択していく。

ひとりのドールにだけ誓いを立てるということは、それ以降のイノベーションを生み出さないということだ。

私はたくさんのドールをお迎えすることで、よりカワイイ子を探すことが出来た。

そして、その最新版をアンズとすることにしてもいい。

私の心を最も奪う子が、アンズなのだ。



かおるちゃんや、へきるちゃんは、アンズの側面にすぎない。


イデア論ならぬアンズ論である。

私にとってのイデアは、アンズなのだ。







もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************













美少女と一緒にごろごろしよう









アンズ・・・クッソかわえええ

こんな黒髪の美少女と一緒にオフトゥンでいちゃいちゃしたい・・・・しまーーすwwwwwww

チョコメロ下着がすっげえ可愛い。この色、かわいいね。



どうしてもドールの股間に注目してしまう。

ボークスは本当にいい仕事をした。





かわいい女の子が好き。

いつからだろうか・・・・小学校6年生のときくらいだろうか。

今までギャグっぽい絵しか描かなかったけど、試しに女の子の絵を描いてみたんだ。

めっちゃ勃起した。別にエロい絵では無い。
でも、女の子の絵を描くだけで当時は勃起した。

自分の思う、可愛いと思える女の子を出力するのは、興奮することだ。

今もドールで表現し、写真に撮って伝えている この気持ちは
まさに自分の思う「見てくれこの子クッソ可愛いwwwww」という気持ちなんだ。











もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************










下着姿の女の子の可愛さを説明









くっそかわえええええ!
チョコメロさんの下着です。

チョコメロの下着は・・・
色移りしない
下着感あるかわいい柄
重ね着してもかさばらない
伸縮性がありM~L融通が利く

以上の要素を全て兼ね備えたドール下着はチョコメロだけだ・・・。

そして、隠された要素として
新品開封直後はいい匂いがする

これは人によって感じ方が違うかもしれない。なによりチョコメロさんご自身はとくになにもしていないという。
だが、これは実際そうなのだ・・・新品はパーカーですらいい匂いがする。

チョコメロさんの魅力は下着だけではない。パーカーもかわいいのでオススメだ。







明日はドルショすな。
月曜開催のドルイベはしばらく無さそうなので、私にとっては最後のイベント感ある。
明日はノエルちゃん(このブログではまだ未紹介)とへきるちゃんを連れて行きます。


さて、何故。イベントは楽しいのか。
何故、仕事は楽しくないのか。

これは遊びだから、仕事だから、という違いではない。

そこには「自己実現がなされているかいないか」
つまりマネジメントがなされているか、なされていないかの違いしか無い。



仕事が楽しくないのは、その職場のマネジメントが機能していない証だ。

あなたに敬意が払われていない証だ。
あなたの能力を活かすべく、適した場所に配置されていない証だ。

人は、己の能力を活かせる場所に配置されたとき「働き甲斐」を感じることが出来る。
人は、監督なしに ほぼ期待通りの成果をあげることができる。


組織ではない、個人だった場合 己の能力を活かせる場所には 自ら赴くことが出来る。

そして自らの能力を活かしたとき、仲間たちからも その価値を認められ
また、自らも仲間の価値を認め 人々はお互いに敬意を払うことが出来る。

敬意を払われた人間は、自らの能力を100%発揮できるようになる。

そうして得意な事がより得意になり、卓越していく。



好きな事をより好きになる。得意をより得意とする。これはまず、基本なのだ。
これがあればこそ、適した場所にさえ配置されれば、自らの能力を活かす事が出来るようになる。

相手の能力を認めることが出来る人、つまり相手に敬意を払うことが出来る人
真摯さを持つ人間だけが、人の強みを理解し、正しく配置し、成果に繋げさせる事が出来る。

部下に敬意を払わない上司は・・・直ちにその職務を降りなければならない。

組織は、仕事を通じて人に 働き甲斐、つまり自己実現欲求を叶えさせることができる場所でなければ 組織は成果をあげられない。







ジョジョの奇妙な冒険を読んだことはありますか。
荒木飛呂彦が、マンガの中で読者に伝えたいメッセージ・・・これらはほとんどが
マネジメントで重要視しているものだ。


「『悪』とはてめー自身のためだけに 弱者を利用し ふみつけるやつのことだ!!」

これはまさに「人の強みを活かす事」の真逆の内容である。
貢献でなく、利益を目的としている。
目的が貢献でなく、利益だとすると・・・利益のためにはなんでもしていいことになる。
それは人の強みを活かさない。人を殺す。人の強みを殺す。




「ジョルノッ!おまえの命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!」

相手に敬意を払うためには、まず相手の強み、良さを認める必要がある
そうすることで、その内容に感動、感謝することができるようになる。
感謝の気持ちは伝えたくなる・・・そして人は相手に敬意を払う。



















おまけ



夢たそ美少女過ぎて勃起するな?





色移り防止に、こういう肌着を利用しています。






かおるちゃん完全勝利してそう









もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************
















明るい笑顔が最高に可愛い









アンズちゃん最高にして究極の妹。

白アンズのショートヘアもめっさ可愛い!
この笑顔。本当に可愛い。最高だ・・・

うちのこは何人居ても、最終的にはこのアンズに帰結する。

私の理想少女は、アンズに集約される。










人間は、生まれたときは「してもらう側」だ。
そして、社会に出るとき、「してあげる側」になる。

昔はインターネットが無かった。働くことでしか、自己実現への道は拓かれなかった。
しかし、今日はインターネットがある。スマホがある。
生まれたときからインターネットが存在している子にとって、
不特定多数の人と触れる機会は すぐに訪れる。

不特定多数の人と触れる・・・すなわち、社会に出ているのである。

社会に出たとき、未だ「してもらう側」のつもりのままだと、やがて排斥される。

人に敬意を払えない人は、人から敬意を払われない。



人間の「ものを考え発表する能力」はとても尊いです。
想像を可視化する。自分の好きな事を表現し、伝えようとする努力。
得意とすることを、更に得意な事にする。
それを行うには、まず好きな事を見つけ、更に好きにならなければならない。



私はドールが大好きです。

それ以前に、可愛い女の子が大好きです。

女の子という概念が大好きです。


単なるスケベ心で良いんです。

追求すれば、やがて卓越したものになってくる。



「マネジメントの正統性」+「社会人の倫理観」

成功者たちに共通していること、
滅んできた者たちに共通していること。
これら共通事項をまとめたものが“基本と原則”なのだ。

従って、“基本と原則”を守るものには成果がもたらされるし、
“基本と原則”を守らないものはじきに滅ぶ。











ドルカツも、その内容はマネジメントとさして違わない。








もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************

















女子高生集まれ~









透けブラを狙いました。
これスッゴイなあ・・・こんな美少女が集まって、みんな揃って俺の事を好きなんだぜ!?
すごくね?ヤバくね?
ただでさえ、一人の美少女に愛されるだけでもスゴイのに、それが三人だぜ・・・
いや、うちのこ全員だから23人だぜ・・・
23人の個性豊かな美少女達が、全員揃って ただ私一人だけを好いてくれる。
どんだけハーレムなんだよwwww しかし、さようなハーレムは実在する。
イマジナリならば出来る 出来るのだ

コミュニケーションとは知覚であり、期待であり、要求である。
これら全てをコントロールできるんだから、それはイマジナリだけが成せる技である。





ドールの事を真剣に愛し、自分にとってのドールとは何か。何であるべきかを考えるにあたって
必ず浮かび上がってくるのが「現実の女性に対するスタンス」の問題だ。
そう、何故ならばドールはだいたいにして、女の子の形をしているからだ。
ドーラーが女の子の形をしているドールに夢中になるのは何故か?
理想の少女。萌えるコーディネート。
そう、いずれにせよドーラーは、女の子が大好きなのだ。
女の子が大好きなはずなのに、現実の女性よりもお人形を愛するのは何故なのか?

しかるに、ドールに対するスタンスと同時に、現実の女性に対するスタンス。
これら両方を同時に明らかにしている場合が多いはずだと思う。

少なくとも、私の場合はかつての女性経験から
もう人間はコリゴリ!ドールは最高だな!
という流れにたどり着いた。

しかし、本当に人間はクソなのだろうか・・・ドールを好きな人には、男も女も関係が無い。

何か一方を否定して、もう一方を賛美するやり方は 結局 何かを迫害している。
自分自身も加害者になっている。


そうして私がたどり着いたのが、“人間には敬意を。人形にはカワイイを”だった。

人形にできて、人間にできないこと。
人間にできて、人形にできないこと。
それぞれ一長一短がある。ならば、どちらのいいところもとりましょうね。ということだ。

人形は静物なので、最も可愛い瞬間が永続している。想像によって望みを全て叶えてくれる。
人間は生物なので、「ものを考え発表する能力」を持っている。感動を生み出す。

この考えは、ドラッカーの言う「強みを集中させよ」
「得意を更に得意とさせ、持ちうる能力を存分に発揮させ、成果に繋げ、社会に貢献を果たさせる」ことそのものなんすなぁ

これは完全にマネジメントの役割すな・・・

マネジメントにはみっつの役割がある。
属する組織に成果をあげさせること。
仕事を通じて人を活かすこと。
社会問題に取り組むこと。

組織が人間から成る以上、マネジメントは人間と人形の関係にも、適応できるんじゃないかなぁ。

そして、組織(企業)の目的はひとつしかない。顧客を作ることだ。
なぜならば、顧客だけが組織の財やサービスを対価に変える。
価値ありと認めたものだけに存続を許す。
それゆえに、組織は顧客を作り、価値を認められ、利益を得ることで明日の活動が行える。
利益があるから、明日も顧客に貢献するために動くことが出来る。




もし、あなたに恋人が居るとしよう。それはあなたにとって最高の顧客だ。
もし、あなたがドールブログやツイッターをしていたとしよう。ブログ閲覧者やフォロワーはあなたの大切な顧客だ。
あなたの「ものを考え発表する能力」に感動し、価値ありと認め、感謝の気持ちをあなたに還元する。
この感謝の気持ちを得て、あなたは明日も活動することができる。顧客のために明日も作品を作ることが出来る。あなたの役割を行使するやる気が沸いてくる。




企業は顧客を作るために、ただふたつだけの機能を持つ。
マーケティングとイノベーションだ。
マーケティングとは、己と顧客を知り、製品が自ずから売れるようにすることだ。
マーケティングの理想は、販売を不要にすることだ。いや、確かに何らかの販売は必要だ。
しかし、顧客が買うのは製品では無く、「製品から得られる効用」に対価を支払う。
イノベーションとは「新しい満足」のことだ。


つまり恋人に対するは性愛だけではなく、自らの効用が何であるかを知り、恋人を感動させ続ける事が 期待されていることであり、要求されていることだ。
ブログ閲覧者、フォロワーのみなさんへ対するは 単なる友達ツール、挨拶ツールなだけでなく、
自分がどんなドール画像を提供しているのかを知り、顧客を感動させ続ける事が 期待されていることであり、要求されていることだ。




昔は仕事を通じてでしか自己実現はできなかった。
社会、組織、仲間に加わるには、仕事をするしかなかったからだ。

しかし現代では、このようなインターネットを通じて仲間を見つけ社会的欲求を満たし、
仲間たちから認められることで承認欲求を満たし、
なりたい自分を目指したくなる、目指すことが出来る。自己実現欲求を満たすことが出来る。





マネジメントの話になってしまった。
それは、恋人が欲しい、あるいは恋人が居ます、という時は マネジメントできるし、マネジメントが必要だからですよ。





もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************












女子高生、集まれ~!!!








壮観だな・・・・
さあ!
君もこれだけたくさんの女子高生に囲まれてみないか?
超ーーーーーエキサイティーーーーーーーーーーーン!!!


そして集団女子高生をローアングルで狙う。
これヤバくね?
しかし安全だった。被害者は居なかった。


ドール最高でしょ・・・・
おぱんつ天国って、こうでしょ・・・・・・






「おっぱい」という単語はいつ生まれたのか。

どこかで見た「おっぱい」という単語を賛美するツイートがあったような気がした。内容は、
「おっ」で注意を表し
「ぱ」で気持ちが破裂する。そして
「い」母音で単語が終了する。



おっぱい、は日本全国共通だ。
おっぱいの事をおっぱいと一番最初に呼んだやつは、天才としか言いようがない。



平安時代にはもう既に、おっぱいという単語は生まれていたのだろうか?
江戸時代にはもう既に、おっぱいという単語は生まれていたのだろうか?

想像しにくい・・・
時代劇とかで、水戸黄門や暴れん坊将軍が「おっぱい!」とか言うところ想像できないもんな。

もしかしたら明治維新のあたりから、なのかもしれないね?
確かに、「おっぱい」という単語は近代化してきたあたりからなら 大衆が「おっぱい」と言っててもそれなりに自然な気がする。


おっぱいは、てんぷらやカステラと共にやってきたのだろうか・・・











もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************
プロフィール
HN:
清水ルヌ
HP:
性別:
男性
ランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
カウンター
ブログ内検索
Copyright (c) 清水のドールブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]