忍者ブログ
清水のドールブログです















まゆゆの清楚女児感ほんと瑞々しい









っくぁーーーーーーーーーーー!!!!!
まゆゆが可愛い!!!
おとなしい女児が可愛い!!!!!!

ロングヘアの奥ゆかしい美少女っていいよね・・・かわいいわ

見てください

このロングヘアからチラリと見える耳の可愛さを。
耳をチュパチュパしたくなるんぬぁああ~?
















親切の強要はやめよう




それは支配と同じ。
人を動かしたい。
人の心を動かしたい。
そう思ったとき。

では、人の心が動くときとは、どんな時だろうか?

それは「感動」「感謝」した時である。

自らの能力を存分に揮い、人のお役に立っていれば 自然と人に感動を与えてる。感謝される人になってる。

感謝した人は、その気持ちを作者に還元すべく、その人もまた、自らの能力を揮い 作者に貢献を果たしてくれる。
感謝の気持ちを作者に伝えるには、態度で示すしかないからだ。(言葉にするのも態度のひとつ)





友達の能力を買うのならば、敬意を払わなければならない。

その友達にとっての価値を、その友達にとっての貢献を果たさなければならない。

「オレは何にも出来ないな・・・じゃあお金を払おう」
すると、それはもうビジネスの関係になり、もう友達としては過ごせなくなる。

我々はもともと、ビジネスで出会った仲では無いのだから。




イラストレーターの友達に、結婚式するから絵を描いてよ!友達だからタダでやってよ!
というのは、傲慢にもほどがある・・・それは友達という関係ではない。支配者と奴隷の関係である。



人の能力を買うならば、敬意を払わねばならない。
人はその敬意を受けて、明日もまた、能力を存分に揮うことができるのだから。



だから、頼むから「うちの子の絵を描いて欲しい」と言わないで欲しい。
あなたが自らの能力を存分に揮い、まわりの人々に貢献を果たしていれば、自然と感謝が返ってくる。
あなたのファンが、必ずや自発的にイラストを描いてくれるだろう。
感謝の気持ちをあなたに還元するために。


こんな事をあなたに言うのは失礼だと思う。

まるであなたが この事をわからない人みたいじゃないか。

いやそんなことは無い。断じてない。時間が経てば、やがて、必ずや自ら気が付く事だと信じているから。


だが、気が付くまでにどれだけの時間がかかるかはわからない。
無礼を承知で、伝えさせてもらった。

これは、私なりの誠意である。本当の意味であなたが尊敬できる対象であるが故に私は自分の気持ちを偽ってでもこの関係を惰性なものにしたくなかったからだ。


話をきいてくれてありがとう。




もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************
PR
この記事にコメントする
お名前
URL
コメント
パスワード
    
プロフィール
HN:
清水ルヌ
HP:
性別:
男性
ランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
カウンター
ブログ内検索
Copyright (c) 清水のドールブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]