忍者ブログ
清水のドールブログです



















女子高生が自分の部屋に居たらどうする?










沙久ちゃんかわいい・・・・セクシーだね。
美人でかわいい天然お姉ちゃん。
おおきいおっぱいで、甘やかしてくれるんだ!!!!!!!
はああああああああああああああっ!?エロくね!?はあああああああああっ!?

クッソエロ女子高生のおぱんつ最高だよぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!?!!!!!

自宅で手軽に楽しめるなんて・・・いい時代になったものだ。









人の見た目と中身は、えてして逆なもの。


怖そうな見た目だけど、根は優しかったり
いつもニコニコしてるけど、「金さえ手に入ればなんでもいい」と言ったり
おちゃらけているけど、ルールは守る真面目な人だったり
真面目に見えるけど、なまけものだったり、
子供っぽいけど、しっかりした大人だったり、
頼れる上司だけど、かわいいところがあったり・・・



理想の異性像とは、なりたい自分の姿なのかもしれない。

だから、異性に自分の理想に近い人を見つけると嬉しくなるが
だいたい中身は逆なもの。現実に幻滅するもの。
自分勝手な話なようだが、実際によくあることだと思う。

となれば、相手の人間に求めるのは何か・・・といったら、
それは敬意に他ならない。
相手は、尊敬できる人物なのか・・・
自分にとって、感動を与えてくれる作品を提供してくれる人なのか。

この人と人の関係は、企業と顧客の関係によく似ている。

企業は、顧客の欲求あるところに財やサービスを提供し
顧客は、価値ありと認めた財やサービスに対し、対価を支払う。

1対1の人間関係においても、これはとっても重要な基本と原則なんじゃないかなぁと思う。



好きな人の良いところを更に延ばすのは、本能に近いものがある。
相手の事を好きならば、相手を褒めたくなってくる。
感動したこの気持ちを作者に還元すべく、感謝の気持ちを伝えたくなってくる。

嫌いな人の、苦手なところを叩くのも、本能に近いものがある。
嫌いな人の優れているところを叩いても、自分が悪者になるだけだから、
嫌いな人が失敗した時に 揚げ足をとるように畳み掛ける。
その時ばかりは、「正しいことを言ってる体で」攻撃することが出来るからだ。




ドールはいい・・・・難しくない。
存在しているのは、自分だけだからだ。






もし良かったらクリックお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ

*****************************************
PR
この記事にコメントする
お名前
URL
コメント
パスワード
    
プロフィール
HN:
清水ルヌ
HP:
性別:
男性
ランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
カウンター
ブログ内検索
Copyright (c) 清水のドールブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]